恋愛

大人の恋愛って

お盆休みに入っている会社もありますね。

もちろん私が所属している会社はお盆休みはありません☆

そうそう!我らがヤワラ師匠、銅メダルおめでとうございます。

やはり凄い女です。(敬礼)

ボンヤリ観戦している自分に渇を入れておりましたsweat01

そんな中、友の失恋話を聞きながら、

恋愛の難しさについて考えておりました。

20代後半から女性は結婚を意識し始めると男性は勝手に思い、

勝手に重くなるパターンはよく存じておりました。

が、30代後半の女性に対しても男性は同じ目で見ているんだなとつくづく感じる話が、

いろんな友達からよく耳にするようになってきました。

私の中で勝手に、ある程度の大人(30代後半)になれば、

そういう目(結婚に焦っていると言う)から開放されるのかと思ってました。(違うのね…)

結婚したい!と強く思う女性もいるでしょうが、

大体の女性が付き合った流れで結婚するんだったらする、しなさそうならしないで…と

なりゆきに任せている人が多く思います。

(ガッツのある人は20代から行動に出していますからね…。
だから独身の女性が多くなっているんでしょうね。私もその一人ですが。)

むしろ男性の方が結婚について考えていて、

(勝手に)盛り上がったり苦しんだりしている様に感じます。

まぁ親世代の時の様に男性が養うってスタイルがなかなか取れにくいこのご時世、

男性も悩む事が多いのでしょう。

そのせいか 『私は独身主義だから、あなたの時間を無駄にしては…』 とか言って

付き合う事も拒む男性が多くなっているように思います。

独身主義って何だよ!一見カッコつけたような言い方して!とイラッとしたり。
(離婚暦のある方はまた違いますが…)

本当は違う理由なんじゃないの!とか思ってしまいますよね。

いい関係で付き合うって難しいですね…。

私は今の所特定の人は居ないんですけどね。

今は自分の事で、精一杯で。(と言う言い訳で)

とにかく元気出せよ!友よ!

私は好きやけんね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

シンデレラ脳って?

暑くなりそうですね。東京は28℃らしいですね。

たまにはラブぃ事で皆を熱くさせたい私ヒヨコです。

元同僚マリーちゃんとご主人の会話を聞き、微妙なキモチに…。

『ハッキリした顔って、ヒヨコの顔じゃない!』 とのマリーちゃんの問いに、

『ヒヨコさんはハッキリじゃないんだよ。クドイんだよ。』 と言い、二人で大笑いしていたらしい。

久しぶりに聞いたよ!クドイって。しかもひどいやん!

スッとした顔に憧れる私です。

最近読んでいる本で面白いものをご紹介。

『王子様に出会える「シンデレラ脳」の育て方』  著/黒川伊保子

シンデレラを見習い、直観力を取り戻し賢い恋愛生活を送るための法則集。らしい。

恋愛攻略本好きの私にとって、なかなか面白い1冊です。

シンデレラは凄腕の女だった。

たとえ生まれがよかったとしても、長年台所の灰にまみれて下働きを強要されていた少女が、

舞踏会の晩、美しいドレスを与えられたからって、堂々とお城に入って行けるだろうか?(確かに)

強い目力で王子様と目を合わせ、ダンスの誘いに凛として応じ、

ホールの真ん中で優雅に踊れる心臓の強さ、そして直観力の強さを持った女ではないかと。

何としても王子様に近づかなきゃ(直観力)と切望し、そのおかげで奇跡が起きて、

魔法使いのおばあさんがやってきた…。(確かに凄い。パワーさえ感じる!)

ちなみに直感力の働かない女には目力がない!と書かれております。
(えっマジ?無駄に目力有りますが、私。働いてるぅ?)

【シンデレラの直感力と魔法使いのおばあさんの熟練した仕掛け】

①真夜中の鐘と共に姿を消した → 王子様がパニック状態におちいる
   テストステロン(ホルモン)が大量に分泌され、狂おしいほどシンデレラを求めはじめる
   *テストステロンが大量に分泌されると分別を失うらしい。
   現に彼はほんのわずかな時間を共にしただけの、
   どこの誰ともわからない女性をお妃に決めるほど分別を失っていた。

②足が小さい → 控え目と妄想 → しかも王子様が小さい足に胸がキュンとするタイプだった

③ガラスの靴 → 繊細な女性と妄想

④落し物 → ちょっとドジっ娘と妄想   (ん~すごい戦略。)

これは王子様の例ですが、実生活上の王子様(狙っているターゲット)にも反映できると。

ムムム~。

そして35歳過ぎると恋愛の直観力が鈍るなど。(ん~そうかも。)

まだ読み終えていないので、そこまでしかお知らせ出来ませんが楽しみながら読んでます。

王子様ねぇ。探さなきゃね。どこ??私のタイプの人がいるアジトは。

ちなみに私も足は(も)小さい(22cm)だけど、誰からも褒められた事がありません…。どうよ!

【余談】

『西新井大師の指輪』 を共に求めた心の友マキマンは何かいい感じですよ。

西新井効果かな?

私ぃ?ん~。な・い・し・ょ  heart01 (うそうそ!まだですって。残念ながら…。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西新井大師の指輪

春なのに湯たんぽを抱えている、私ヒヨコです。

今日は底冷えしますよね。やだやだ。

先日、西新井大師 に指輪を購入しに行ったお話を。

どうにも美容ライターの中で話題になっている 『厄除けリング』 があるらしく、

それをGETしに珍しく朝から行動開始。

その方たちのブログによると、

指輪を手に入れてから一年以内に、もれなく彼氏が出来るか結婚しているらしい

なぬ!まじかよ!

そんなこんなで、心の友マキマンと鼻息荒く西新井大師に向かいました。

大師駅の横はすぐ『西新井大師』『厄除けリング』 を販売しているお坊さまは境内にブースを設けており、

山門から入ってすぐの塩地蔵の隣に発見!

Photo_4

お坊さま『アンタ、ネット見てきた人?編集関係の仕事?』

ヒヨコ  『ネットを見て来ました。でも仕事は美容関係です。』

お坊さま『ふ~ん。(おもむろに手を見られ、)アンタ●●区から来たろ。』

ヒヨコ  『はい、その通りで!(何で!どっかに書いてた??)』 ビビる私達。

お坊さま『あっそう。で、何年生まれ?』

ヒヨコ  『42年です。』

お坊さま『…。えっ(顔を見直され)…。随分ゆっくりしちゃったねぇ。』

ヒヨコ  『ええ、まぁ。(だから来てるんだけど…)』

お坊さま『ん~アンタは独立した方がいいね。とりあえずお金貯めて、美容室つくりな!』

ヒヨコ  『び、美容室…。あ、はい。』 ←勝手に美容サロンと解釈。

お坊さま『アンタ成功するよ!そうしたら男が寄ってくるよ!』

ヒヨコ  『ホントですか?(でもヒモ??)』

と言っている間に、水晶玉に手をのせ短い祈祷の後、お坊さま自らに指輪をはめていただく。

そしてお守り(お札?)にも祈祷。

お坊さま『大丈夫だよ!アンタ成功するよ!やんなよ!

     アンタは人に助けてもらいながら成功する人だから、横の繋がりを大切にしな!』

と励まされる。(と言うか何か見えてるの?と言うくらい的を得てる。)

そこからしばらく商売の話をして頂き、次はマキマン。

お坊さま『アンタはモノ描きだね。』

マキマン『はい。 (私同様美容関係と言われると思っていたので、当たってビビる) 』

  ↑ 彼女はイラストレーターなのです。

お坊さま『アンタは随分見逃したね。』

マキマン『ええ…。私は何が足りないですか?』

お坊さま『積極性だね。でもアンタはすぐ見つかるよ!安心しな!』

と積極的にしろとお説教を頂く。

お払いをして頂いたせいかスッキリした私達は、福岡在中の心の友デコザキさんに早速電話し

ほぼ強制的に 『ほしい』 と言わせ、

ランチを食べた後、デコザキさんの指輪を再度購入しに行く。

すると 『何、まだいたの?』 と軽く言われ、デコザキさんの干支と指輪のサイズを伝え祈祷していただく。

その後 『さっきね、美容師さんが来て、独立して美容室作れって言ったんだよ。

    いやーあの人は成功するね。横の繋がりがすごいんだよ!んん。』 とご満悦。

それってなんか私にしてくれた話に近いよね。つーか私の話だよね。

お坊さまも何人も見ているから誰がどの話って訳が分からなくなったのでしょう。

でもそこまで言って頂けて光栄です。

『ウチら、頑張らなね!(何かに)勝ったも同然よ!』 と根拠も無い自信に満ち溢れ、

キモチを新たに奮い立たせたのでした。

私にはお金&美容室?(独立)、マキマンには積極性。

『刺さるね』 と言いながら、梅酒サワーを飲み干しました…。

つーか私ってば、やはり仕事なのね…。 何となく感じてはいたけど。

がんばろ!

そしてデコザキさん、しばしお待ちを!

厄除けもですが、どちらかというと縁結びのほうが効果があるかと…。

もちろん恋愛だけではなく色々な縁を結んでくれるみたいです。(私はこっちの様な気がします…)

もし行かれる方は午前中がオススメです。お坊さまのキレもいいですし。

指輪&お守り(お札?)はちなみに3,000円。 (どんな指輪と思いきや、意外とシンプルでしょ!)

Photo_5

何かハッピーな出来事があったら、ご報告いたします。こうご期待!

【追記】

ちなみにお坊さまは1月4日のみお休みで、毎月4のつく日は巣鴨のとげぬき地蔵に出向?

していらっしゃるそうです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

結婚ラッシュの波に乗れる?!

寒いですよね。心にも沁みます…。

そんな中、周りは何だかホクホクしています。本当に結婚する人が多いのです。

なのに、結婚ラッシュの波になかなか乗れない私ヒヨコです。

芸能界もそうですが、社内でもその波は来ています…。(去年から)

つい先日、取引先の広告代理店の営業の男性(多分31才)がこのお正月に結婚したと報告を受け、

軽くショックを受けております。

(営業の男性(多分31才)は、弊社のスタッフから唯一人気のある(ちょっぴり)イケメン君なのです。)

同じ様に働き、そしてちょっといろんな事を考えている間にまた独身男性が一人消え…。

いえ別に好きとかそんな感情はないんですけど、

こうやって気が付いたら一人取り残されているようなそんな気持ちになる乙女心なのです。

その営業の男性(多分31才)から

『やはり一人でBarに行くべきですよ!』

と進められる始末。

どうにも一人でBarに行くとバーテンダーが

『あそこにもお一人で飲まれている方がいますのでご一緒にいかがですか?』

と言い、紹介してくれるらしい。

その営業の男性(多分31才)は昔バーテンダーをしていたらしく、

『バーテンダーはお酒を作るだけでなく、そうやって人を紹介をすることも仕事なんですよ!』

とうれしそうに話す。

まぁ要するにバーテンダーをやってる時に出会ったって言う自慢話だったんですけどね。

思わず、私は…

『寂しがり屋だから一人で行けないし、知らない人と何話していいか考えるだけで荷が重~い。』

とせっかくのアドバイスを踏みにじる始末。(すまん!営業クン!)

私はいつになったらそんなHOTな話が出来るのだろうか…。

【余談】

今週のan・an『恋人のつくり方』とのテーマで表紙はキムタク。

(キムタクってところがまたカンに触るのです。何だか『オレって何やってもカッコイイっしょ』感がムンムンで。)

朝からそんな中刷り広告を見ながら一杯ひっかけて(もちろんお酒☆)から

出社したいと思った私です。

出社したらすでにその話題で持ちきりでした…。

もちろんキムタクのムカツキ話ではなく、『恋人のつくり方』とのテーマで。

この会社って…。

【おくやみ】

「シュウ ウエムラ化粧品」名誉会長の植村秀(うえむら・しゅう)さんが

07年12月29日、急性肺炎のため亡くなりました。

メイ牛山さんも2007年12月13日に心不全のため亡くなりましたよね。

美容家としてもメイクアップアーティストとしても草分け的存在の日本を代表するお二方。

美容業界も変わるのでしょうか…。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)