« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

狙うのは今!?

過ごしやすくなってご機嫌の私ヒヨコです。

すんごい台風が九州に向かっているみたいですね。

皆さん気をつけてくださいね!! 

クォン・サンウ結婚しましたね。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/south_korea_entertainment/?1222645815

私はショックですよ。

一時はサンウの牛乳になってもいいと思っていましたからね…

::::::::::::
昔クォン・サンウが森永の牛乳のCMに出てた時の話。
①サンウと付き合う事が出来るか
②サンウに飲まれる牛乳になるか
を考えた時、コレだけ科学が発達しているから②の方が
可能性が有るのではないかと、バカな事を考えていたのです。
::::::::::::
クォン・サンウの写真集を手に入れた時の話。
あまりの筋肉美に圧倒されて、
次の日にジムに入会し、週2~3通いました。
(こんなたるんだ私が好きになってはいけない!と思って…。)
結果?1年半ほど続けましたが、言う程の結果が出ず、今は行っていません…。
::::::::::::

そんなサンウも結婚…。(そんなって、サンウは何にもしてないんですけどね。)

そんな私に心の友が、

マキマン『今やん!スンホンを狙うのは!!』 *ソン・スンホンの事です

ヒヨコ  『そやね。親友が結婚決まったりした時、焦るって言うもんね!韓国行ってくる!!』

と言った瞬間、弊社の社長(スター)に捕まっていた私でした。

もちろん旅立てませんでしたよ…。

今はすっかり東方神起とソン・スンホンにやられてますが。
(もちろん日本の俳優も好きですよ。でも好みがいつも2丁目の方たちとカブルみたいsweat02

クザクサ紛れに鎌倉の大仏を見にいている私は、やはり乙女度は低いように思います…。

【余談】

鎌倉よかったです!

またその話は後程…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満足度って難しいですね!

まだ復活出来ていない私ヒヨコです。

体力落ちたなーと実感しております。

会社のコピー機が調子悪かったので 『コピー機もハンスト起こしたね!』 と言ったら、

若造の同僚に 『ハンストって何ですか?』 と言われました。

若造は知らない単語だと初めて知りましたよ。

これもジェネレーションギャップと言うことでしょうか…。

私が勤めている会社は、化粧品販売&メイクアップ教室の運営をしており、

ショップでは化粧品販売しています。

メイクアップ教室と言ってもモデルや芸能人などキレイな人をより美しくするメイクではなく、

加齢から来るお悩みや、アザや傷痕などお顔や肌のお悩みをカバーするメイクを教えています。

私が今後やろうとしているメイク(美容)も同じです。

と言っても私にはアザや傷痕などもなく、本当の障害や加齢の苦しみやをまだまだ知りません。

もちろんメイクしたり触ったりしてますので知っていますが、

自分が体験していないと言う意味で、知りません。

やはり体験に勝るものはないと思います。

お悩みに対してメイクをし 『キレイになった!』 と思っても、

本当の悩みを解消していないのでは?と思ったりします。
(実は心の問題だったりしますし)

老化と言う点では、弊社の社長(スター)を見るとそう感じます。

社長(スター)は年の割には本当にキレイなのです。

でもはやり年はとるのです。当たり前ですが。(と言っても年の割には状態がいいですよ!)

周りからしたらそれは普通(より上)ですし自然なのですが、

当人は許されないらしく戦っています。

それが商品開発に結びつくので、それはそれなのですが…。

醜形恐怖症の方に美形が多いように、
(醜形恐怖症とは、自分の顔(ビジュアル)が人から変に思われていると、気になってしまう症状)

美しい方の方がご自身の顔(ビジュアル)に厳しいのだと思います。

だんだん社長の顔が変わってきています。

それは良い意味でなく…。

目元が落ちてきたと言ってはアイプチをし、顔がたるんだと思えばテープで吊り上げ…。

ポイントで使うのは良いとは思いますが、総合すると整形したような顔になるのです…。

要するに不自然。(そこまでするなら整形すればいいのにとも思ったり。)

これこそそこまではやり過ぎと冷静な目を持つ事が必要になってきます。

でもそれって一番難しいですよね。

(私も自分の事を客観的に見るのは苦手です!)

そこら辺を上手く付き合えるようになるとか、信用おける人に聞くなど

色々手をつくす必要が出てきますね。

整形を批判する方もいますが、やりすぎなければそれはそれでいいのでは?と思います。

それで精神的にラクになるのであれば。

個人的な感想では、若いうちにはあまりオススメしたくないですね。

そこから老化するので、不自然なたるみやハリが出てきて変形しますし、

筋や筋肉を切ってしまうのでマッサージなどの効果が効きにくくなります。

でも、60才以降に整形って言うのも良いとは思いますね。

ある程度までの年齢まで行くと、マッサージやエステなどの効果も

期待ほど出にくくなりますから。

やはりいつまでも美しく元気でいたいって言うキモチは素敵な事です。

そこら辺のお悩みにビシッ!とお応え出来る私でいたいと思っています。

がんばります!

【余談】

私の母も白髪が多いのですが、随分前からロマンスグレーにしたいと言ってました。

が、いつまでたっても実行する気配がありません。

ヒヨコ 『いつロマンスグレーにするん?』

母   『まだ早いかなーと思って』

と言う母は73才。

早くないし!と思っても、乙女心は踏ん切りつかないみたいです。

わかる。そのキモチ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ボロ雑巾のヒヨコです

ボロ雑巾の様に疲れている私ヒヨコです。

弊社の社長(スター)の嵐に巻き込まれ、徹夜作業だったりなんだり(ラジバンダリ)で

ブログ更新も儘なりませんでした…。

いつもの様に入稿寸前で全てがひっくり返り、撮影も何もやり直しで

頭が破裂しそうでした…。いえ、しそうです。(現在進行形)

特にこの2週間はひどいです。マジで!

そんなボロ雑巾の私に同僚のM本さん(20代のヤング)が

M本さん 『ヒヨコさんのスタイル(体型)って、飯島直子に似てますね!』

ヒヨコ  『(ものすごく持ち上げられていると分かっていながらも)
      ホントに~!エロい目で私を見てたの~!!』 
と大興奮。(かなりナチュラルハイ)

M本さん 『飯島直子が着ている洋服って、似合いそうですよね!』

ヒヨコ  『…。ん~、私の中ではボディコンってイメージなんだけど…』 (年代のせいでしょうか)

いえいえ分かってるんです。

飯島直子さんとは性別が辛うじて同じで同学年なだけって。共通点ってば。

しかも身長はぜんぜん低いし。(M本さんは何をもって…?)

でも言われたからには乗っかりたいじゃないですか!(そーそーないし!)

でも冷静に聞けば一言も顔が似ているとは言われていない訳で…

でも間違いなく、女っぽさは負けている訳で。

この荒んだ生活で唯一盛り上がれたお話でした…。

さびしー。

M本さんありがとう。 少し元気が出たよ。

【余談】

ゆっくりしたい~。

来週には立ち直りたいッス。ウオー!!

やっぱサブちゃんLIVEに行きたかったなー。スキャっとしたい!!

もちろん飯島直子似の話は心の友に言いました。

ヒヨコ   『今まで言えんかったっちゃろー。似すぎとって!』

マキマン 『…。はよ帰って寝り!』 とすかされました。

そうよね。知ってたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つれないサブちゃん

だんだんボロ雑巾のように荒んできた私ヒヨコです。

だめ、そんなんじゃ!と思いつつグッタリしております…。

皆さんは、気分が落ちている時って何をしますか?

私は…

①友人を捕まえ、ひたすらしゃべる (←かなり迷惑)
②映画(DVDなど)を観る
③ライブに行く (←東方神起やミッチーなら最高です!)

などです。

今回は 『③のライブに行こう!』 と同じ課の3人で!と盛り上がっていました。

しかも新宿コマの 『北島三郎ー特別講演ー』 に行こうと…。

皆疲れていたのですsweat02

くだらない話をしながら作業をしている時、

『サブちゃんのコンサートは凄いらしいよ!』 から

『私達、サブちゃんを見なくていいの?』 と変なテンションになりHPで検索したら…

********************

涙と笑い、迫力いっぱいの人情芝居は男北島の真骨頂!
今年も歌に芝居と大いに酔わせます!(えっ!マジ??)
趣向を凝らしたお芝居と豪華なステージでお客様からの絶大な人気を誇り、
新宿コマ劇場毎年恒例の人気公演となっています。 
第一部のお芝居【め組の辰五郎】は、江戸町火消・め組の組頭辰五郎の生き様を描いた物語です。
今回の舞台では星由里子と目黒祐樹を迎えて、男の意地と兄妹の絆を中心に、勧善徴悪、
涙と笑い、そして、迫力いっぱいの北島人情芝居の醍醐味を披露します。 
第二部の【北島三郎大いに唄う】は、新旧のヒット作20数曲を熱唱し、
毎年この公演を楽しみにしてくださっているファンの為に、
各コーナーで演出や舞台セットなども一新し趣向を凝らしています。
なかでもフィナーレの「まつり」の迫力は、構想から制作までを1年かけて練り上げる為、
客席は勿論のこと劇場全体を圧倒します。
北島三郎の渾身のステージにどうぞご期待ください! 

********************

なんですって!凄いぞサブちゃん!と言うことになり、

『サブちゃんと一緒に「まつり」を歌おう!』 とその勢いでチケット購入…

と思ったらそんなに甘くはありませんでした。北島ファミリーは。

もちろんのキャンセル待ちでした。

そして数日後、 『誠に申し訳ありませんが…』 のメールが。

私たちの結束を固くする絶好のチャンスが、もろくも崩れたのでした。

始めは 『えー!サブちゃん?』 と思っていましたが、数日後には完全に洗脳され

行けないとなるとじんわりと寂しささえ感じるようになりました。

今度はどんな機会に 『サブちゃんパワー』 を欲するかわかりませんが、

またの機会に 『北島三郎ー特別講演ー』 にチャレンジしようと思っております。

【余談】

同じ北島でもサブちゃんで盛り上がる私は、はやり残念なような気がしてます。

親からの声が聞こえそう 『何も言えねぇ!』 って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社長の背中で学ぶヒヨコ…

9月になったのに汗だくで働いている私ヒヨコです。

また暑い日が戻って着ましたね…。

子供の頃から汗っかきの私は出社するだけで一風呂浴びたくらいのビッショリ具合です。

困ったものです。

何だか社運をかけた(?)新商品にまつわる事で、ずっと振り回されています。

発売前まではすでに自社ビルをいくつも持っている製造元に

『自社ビル建ててあげるから!』 と大口をたたいていた弊社の社長(スター)は

ずっとヒステリックです。

もうご想像通りですが、言う程売れていないのです。

(もちろんテクニックも随時進化し、毎日更新されております… ← 誰もついて行けてません)

発売する前からそんなに反響はないだろうと思っていましたが、

お偉いさんたちの中ではありえない数字だったらしく、

大騒ぎの連日です…。

お陰でトッカン工事の企画やイベントが組まれ、制作物が全て変更に…。

取引先の方たちも連日徹夜ですが、そんなもん関係なし状態です。

ホントに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

心地の良い忙しさではありません…。

胃が痛い毎日です。

何だかパーッと弾けたい!そんな気分ですが、

やってる事と言えば出社前に缶チューハイをいっぱいひっかけて行くくらい。

(もちろん土日出勤のみですよ!いずれにせよ、ちっちゃいです。私。)

弊社の社長(スター)の背中を見ながら、 『こうはなっちゃいかんな!』

自分に言い聞かせている土曜出勤の私でした。

スッキリしたい!!

こういうの気持ちもサラリーマンだからこそ味わえるものなんでしょうけど…。

ムキー!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »