« ○周年記念アニバーサリー事件! | トップページ | 卒業しました!! »

独身40女のキモチ

まだまだ胃の痛みが治まらない私ヒヨコです。

まぁ事件(仕事)が色々あったりで。 困ったものです。

この週末は胃炎のため寝込み、お尻が筋肉痛になりました…sweat02

ものすんごく力が入っていたのでしょう。

私は日頃女ばかりの環境で仕事をしており、男性と接する機会が本当に少ないです。

たまにどう接していいのか本気で分からない事がありますsweat01

そんな事からか、男性の心理について書かれている本や

恋愛攻略本などを読むのが多くなってきました。

始めは(本当に)必死で参考にしたい!と言うキモチで一杯でしたが、

この頃は趣味になりつつあります。 (結構面白いんですよbook

そんな本を読んでいると 『私ったら本当にカワイクないんだろうな…』 と感じずにはいられません。

男性をたてながら自分のやりたい方向へ導く、そんな内容がほとんど。

まぁそれが出来ていたら、こんな本を読む必要は無いんですけどね。

社会人になってから、いろんな意味で男性と働く事の大変さを感じています。

(もちろん女性も大変ですが!)

働き始めた頃は 『つきあってくれないと打ち合わせしてあげない☆』 と言ったバカみたいな話がよくあり、

あしらい方が分からない私(今でもなんですけど)は、よく泣きながら会社に戻り怒られたもんでした。

それからか極力女っ気を感じさせない服装にメガネで武装し、

話し方にも気を付け、自分なりに工夫をしてみたり。

それでもセクハラされたり、ストーカーされたり、

時には仕事で正論で指摘したばかりに嫌がらせを受けたりと…。

男性に対してどう接すれば普通に仕事が出来るのだろうかと悩み続けていました。

(男性のいない環境は無いのでね。)

適当な年に結婚でもしていたら、こんな思いをしなくて済んだのかとも思ったり。

キレイにしている女性(友人)を見ると、私は何をやっているんだろうかと落ち込んだり。

でも男性との接し方が分からず、男性と距離をおいたり…。

この5年前くらいか明るい色を着、そしてスカートをはくように心がけて、

自分に女を忘れるな!と呼びかけたりしています。 ささやかに。

出来ればキレイでいたいしribbon ねっ。

正直たまには(男性に)甘えたい!と思う時もあったりします。

結婚もしたいとも思います。(今更かもしれませんが…)

決して 『家庭に入る=逃げ』 と言う理由ではなく、共に頑張れるパートナーがほしいなと。

(多分無いものねだりなんでしょうが)

私くらいの年齢の独身女性ってこう考えている人は多いように感じます。

周りを見ても。

一人で生きていくんだろうなと言う覚悟をしながら、生活をしていく。

たまに孤独感で苦しく泣きたくなる事もあります。

でも友も仲間もいるし!と奮い立たせ(騙し)ながら平常心を取り戻し。 その繰り返し… bottle

つい先日、心の友の会(マキマン&デコザキさんとの会合)の帰りに本屋さんで立ち読みして、

じんわり泣きそうになった本がありました。

『結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 』 益田ミリ著

きっと同じ年代の女性が書いたものだと思います。

●一人暮らしの女性のキモチ
●実家で介護しながら働いている女性のキモチ
●出産間近の女性のキモチ

そんな30代後半の女性の話がマンガで描かれています。

チクチク刺さりながら読んでいました。

どういった生活が幸せなのか、正直分かりません。

でも笑顔の多い生活をしていきたいなと思う、そんな今日この頃。

(それがなかなか難しいんでしょうけどね。)

みんな色んな気持ちを抱えながら生活しているんですよね。

頑張らなね!私も!

【余談】

打ち合わせの移動中、離婚歴のある同僚に 『いつか結婚したいんだよね~』 と言った話をしたところ。

『ん~初めだけだよ。甘えさせてくれたり、助けてくれるのは。

 結局は自分でどうにかしなきゃいけないしね!

 余計な事で腹立だしい思いもさせられるし。独身の方が自由でいいんじゃん。

 自分の事だけ考えればいいんだから!』

ん~。 結婚経験の無い私は実感無し。

結婚は結婚で大変なんだろうなぁ~。

|

« ○周年記念アニバーサリー事件! | トップページ | 卒業しました!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446821/10643390

この記事へのトラックバック一覧です: 独身40女のキモチ:

« ○周年記念アニバーサリー事件! | トップページ | 卒業しました!! »